目の疲れをとるために|乳酸菌でPMS対策|体に良い効果をもたらそう
男の人

乳酸菌でPMS対策|体に良い効果をもたらそう

目の疲れをとるために

サプリ

疲労回復には

長時間のデスクワーク、暇さえあればスマートフォンでSNSやゲームをするなど、目を酷使している人が多くいます。慢性的な眼精疲労は、目の不調だけでなく、体のさまざまなところに支障をきたします。そこで覚えておきたいのが、眼精疲労とビタミンの関係です。ビタミンは、疲労回復に大切な栄養素として知られていますが、これは眼精疲労にも効果的です。特にビタミンAは、目のビタミンとも呼ばれるほど優秀な栄養素で、眼精疲労の他、ドライアイの改善・予防にも役立ちます。また、ビタミンBには、目の緊張をほぐし、目を疲れにくくする働きがあります。最後にビタミンCは、水晶体の透明度を保つ役割があり、目のリフレッシュ効果が期待できます。

上手に取り入れる

眼精疲労を改善するためには、ビタミンを上手に摂取する生活に変えることがポイントとなってきます。まず、ビタミンAは、脂溶性と呼ばれる油に溶けやすい栄養素です。ですから、炒め物や揚げ物にして摂るようにすると効果的です。具体的には、ビタミンAが豊富に含まれている、ニンジンを使った野菜炒めやカレーライスなどがおすすめです。次にビタミンBは、水溶性と呼ばれる水に溶けやすい栄養素です。ですから、一度に大量に摂取しても、尿などから排出されてしまうのです。それを防ぐためにも、一度に少量ずつ、こまめに摂ることが大切です。最後にビタミンCも、ビタミンBと同様に水溶性です。また、ビタミンCは熱に弱いといわれているため、火を通さない調理法での摂取が効果的といえます。